2015年12月25日金曜日

旅の記録(2015.12.21〜)

12/21〜24の間で短い期間ですが、小旅行してきました。
といっても秘境的なところでもなく名古屋〜姫路〜京都を回る旅。
その他、途中でも少しばかりの休憩がてらに寄ったりして楽しんできました。
メインの目的な姫路のsekienに会って話をすること。

当初は2015年予定だったらアルバムが来年リリースということになって、他にも色々あって話しておいたほうが良いなと思って会いに行きました。
もちろん、話す内容っていうのはリリースに関しては事務的な内容になるし、正直電話でもメールでもスカイプでも、わざわざ長距離の移動をしなくてもやれることではあるんだけど、なんかそれだけじゃないんじゃないかと思っていた部分もあったのでね。
「敢えて」の精神、「AE」の精神よ。
インスタントなやり方じゃないから移動もめちゃくちゃ時間をかけてる。その間にいろんなことを考える。無駄な作業のように見えるかもしれないけど、今回は初めてのこともあるからこんな感じで会いに行きたかった。

sekienに限らずだけど最近は自分のツアーでも、向こうのツアーでも東京以外のバンドやお客さんと交流する機会は増えているけど、あまりゆっくり飲んだり話したりする機会はなくて、たいてい会うのはライブのときだし、どちらかが帰らないといけないしで、ずっと時間を気にせず飲んでいたいとは思っていて。そういう機会は待っててもこないよなぁとは思っていました。
そして、姫路のバンドをリリースする以上、その土地の空気感だったり、シーンだったりのことを聞いたりとか、事務的なやりとりだけじゃ伝わらない部分を感じたかったのもある。そこから彼らの音楽が生まれているわけだからね。そして自分に関しても、あまり立派な人間じゃないので、だめな部分も含めて感じてもらえればって感じで。

結果、ちょっとした話の流れからその土地で紡がれているストーリーの断片を感じ取ったりもして本当に行って良かったです。その土地のうまいものを食うのもきっと大事なこと。sekien原田家からの熱烈なおもてなしをして頂き...甘えまくってしまいました。ありがとうございます。

そのアルバムの内容に関しては、これはきっと間違いない内容になると思う。
メンバーが話していることを聞いていればわかる。
姫路のバンドシーン、日本のハードコア、そしてネオクラストとは何たるかを、それぞれに対してきっちり回答できるだけの条件は全て揃っている。
期待していてください。(ハードルあげておく)

3LAのやろうとしていることもそうだけど、彼らのやろうとしていることも難度ウルトラC級、道のりは遠い。リリースとしてバンドの音源をただ出すだけってわけじゃなくて、もっと色々背負っていることがある。来年はマジでやってやりましょうという約束をして帰りました。

行きには名古屋で、帰りは京都で、そのほかでもいろいろお世話になりました。
本当に人に恵まれているなと感じます。
いつも感謝しています。
ありがとうございます。